東京渋谷・原宿おすすめヘアサロン 美容室 笹芳

IMG_1972

いつもありがとうございます。笹芳です。

 

今日はお家での正しいトリートメント方法についてのお話です。

 

まず、トリートメントの目的とは?

・シャンプー後のパサつきや静電気による髪の毛の広がりを抑える

・毛髪にツヤや保湿性を与え、ダメージを補修する

ことです。

 

トリートメントをしないで乾かすと、パサついて広がってしまいます。

これは、シャンプー後の毛髪はマイナスの電気を帯びているせいで、

髪の毛同士が反発し合って広がってしまいます。

 

やはり、キレイな髪の毛を維持するにはシャンプーの後の

トリートメントは必須ということです!!

 

【正しいトリートメントの方法】

まずは、先にも書きました、”正しいシャンプーの方法”を参考に

やさしく丁寧に頭と髪を洗います。

 

・シャンプーをよくすすいだあと水気を軽くとり、ダメージの大きい毛先を中心に塗布します。

(髪が濡れすぎているとトリートメントが薄まって効果が半減します)

 

・塗布量は髪がしっとり潤う適量で。

(少なすぎもダメですが、たっぷり多すぎても髪の毛から溢れ出てしまいムダになってしまいます)

 

・手で髪をにぎる様に揉み込みます。髪の中に入りやすくなります。

(目の細かいコームなどで梳かしながらだと内側には浸透しにくいです!)

 

・お使いのトリートメントの適正時間を放置します。

(実は、濡れている髪の毛には30秒で成分がある程度は浸透するとも云われています!)

 

・蒸しタオル等で髪の毛を包むと、キューティクルが開き髪の内部に浸透が促進されます。

(しかし!お風呂場の湯気が十分にスチーム効果になっているので、蒸しタオルが無くても充分です!)

 

・地肌からよくすすぎます。ヌルヌルがなくなるまで。

(流しが甘いと、頭皮のトラブルを起こし、抜け毛、フケ、ニオイのもとになります)

 

・タオルドライをしっかりと。髪をこすらず、ポンポンと押さえるように水分をとる。

(タオルドライをしっかり行うことで、ドライヤーの時間を短縮でき、負担も軽減できます)

 

・洗い流さないトリートメントオイル、ヘアミルク等をつけてブローします。

(すぐに乾かさない場合でもタオルドライ後にすぐつけるのがオススメです!)

 

 

以上がお家でのトリートメントの方法です。

 

シャンプーもそうですが、正しいやり方で、髪の毛のコンディションが全然違ってきますので

ぜひ参考にしてくださいね。

 

髪の毛の乾かし方はまたの機会にご説明します。

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール情報

SASAYOSHI
SASAYOSHI
美容師
笹芳 太祐 (ささよし だいすけ)
福井県出身 39歳 O型

原宿、青山のサロンで経験を積み、30人近いスタイリストが在籍する新宿の大型サロンでは常にトップの指名率とリピート率を維持しました。
大阪、北海道ではカット講師、実技指導も務めてきました。
2014年3月3日に渋谷桜丘にて椅子二つのプライベートサロンを開業いたしました。

キャリア18年(のべ3万人を担当)の経験を活かし、一対一でお客様と向き合いお客様の髪に関するお悩み解決のお手伝いが出来ればと思っております。

また、将来は自分の色を世界に発信して沢山の人の為になりたいと密かにデカい野望を抱いています!!

素敵な御縁を心よりお待ちしております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

WEB限定特典

WEB限定特典

美容室 笹芳 facebook

渋谷・原宿おすすめヘアサロン美容室 笹芳 アクセスカウンター

  • 92589総閲覧数:
  • 41387総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 26昨日の訪問者数:
24時間WEB予約はこちら